反核・平和の火リレー 徳島


 この運動は国家補償の精神による「被爆者援護法」の制定、全世界から核兵器を無くすことを中心的な目標として1982年に被爆地広島ではじまり「走り継ごう!語り続けよう!ヒロシマ・ナガサキの心を」をスローガンに全国で取り組まれている。
徳島でも1988年の第1回から今年で19回目を迎え、徳島人権平和運動センター青年連絡協議会をはじめ、日本音楽協議会徳島事務局・社民党・社青同と各地区代表者などで構成する、青年学生平和友好祭徳島県実行委員会と県内各8地区実行委員会により取り組みを行っている。
 

第18回反核・平和の火リレーのコース表

第17回(一昨年)反核・平和の火リレーの写真

リレーポスター2006(1.4M 仮です)


Topへ