本当にイラクの人たちの復興を願い、
危険を知りながらも武装もせず
現地の人との信頼関係を礎にして
市民レベルで現地で活動を行ってきた日本人の3人の方が
自衛隊撤退を要求する人質として拘束されました。
 
 イラクへの自衛隊派遣とは何の意味があるのでしょうか?
日本政府は「イラクの復興」「国際協力」を大儀とかかげていますが、
実際にはアメリカの占領支援であり
多くの国との国際関係で新たな摩擦を生んでいます。
その一つの結果が
本来は親日派が多いといわれた
イラクの中での日本人の拘束です。
 
 つい先日までの世論では、なし崩しに行われている自衛隊派遣に、
賛成との意見が半数を超えていましたが
反面で自衛隊員に何かあったならばという問いには
半数以上の人が派遣中止に賛成をしていました。
けれど何かあってからでは遅いことを知ってください。
 日本でテロが起きてから、自衛隊員に死者が出てから、
自衛隊員がイラク国民を殺してから、
今回拘束された方たちが殺されてからでは遅いのです。
 今現在人質となっている方の気持ちを考えてください。
彼らの命と引き換えにイラク占領を
日本は自衛隊派遣によって支援する意味はありません。
 
 どうかアメリカ追従による自衛隊派遣という誤った現状を
容認しないでください。
もちろんテロは憎むべきで
今回の誘拐も卑劣なもので許されるべきではありません。
が、日本の国際協力の方向性が
適正であったならば起きなかったことであるのも事実です。
ほんとにイラクの人の復興をめざす支援は
本来自衛隊派遣以外にいくらでもあります。
 
 国の面子によって
国民が犠牲になるという歴史を繰り返さないためにも、
同じ国民である私たち一人一人が
自衛隊を撤退させるための声を
今すぐにあげていきましょう。