平和のリンク

●第17回反核・平和の火リレー

 この運動は国家補償の精神による「被爆者援護法」の制定、
全世界から核兵器を無くすことを中心的な目標として1982年に被爆地広島ではじまり
「走り継ごう!語り続けよう!ヒロシマ・ナガサキの心を」をスローガンに全国で取り組まれています。
徳島でも1988年の第1回から今年で17回目を迎え、徳島人権平和運動センター青年連絡協議会をはじめ、日本音楽協議会徳島事務局・社民党・社青同と各地区代表者などで構成する、青年学生平和友好祭徳島県実行委員会と県内各8地区実行委員会により取り組みがおこなわれています。
 
 徳島県内、全ての自治体をリレーでつなげることをめざし、
これからもがんばりますのでよろしく。

http://for-worldpeace.jp/heiwayukosai/

●8・6ヒロシマ大行動参加へのご案内

今年で5回目を迎える広島大行動です。
戦争が始まった時代に、民衆の側は分裂の歴史を乗り越えて、一致団結して力を合わせてほしい。
そんな、被爆者の皆さんのうったえにこたえようと取り組みが始まりました。

59年前、アジアの植民地の奪い合いに協力した結果、
広島の市民の上には原爆=5000度の熱球が落とされました。
原爆ドームの周囲は、人間が蒸発したといわれます。
30万人が一度に焼き殺される。アジア侵略の戦争に協力したものは最後にそんなむごい死に方を強いられました。
そして今も、トラウマに苦しめられています。
石油のためにイラク占領に自衛隊を送っている私たちにとって、決して他人事ではないとおもいます。
手足を吹き飛ばされたイラクの子供たちの状況を知れば知るほど、
私たち自身が再びの広島長崎か、さもなくば日本版9・11がおきかねない深刻さを放置しているように思います。

8月6日は、私たちにとっても特別な日です。
全国、全世界から反戦平和を誓う人々が参加されます。
30万人、2000万アジア民衆の犠牲の上に誓った、過ちを繰り返さない、という誓い。
この誓いを、現実にして、戦争をとめるために力を一点に集めましょう。

イスラムの青年たちも、きっと衛星放送をとうして、見ていてくれるはずです。
ここで、自衛隊を撤退させる転換点を力強く実現させましょう。
多くの皆さんと、一緒に参加できればと思っております。

予定

8月6日午前11時原爆ドームの北側ベンチに現地集合

8月6日(金)12時〜15時屋内集会。資料代1000円

(県立総合体育館・小アリーナ)広島市民球場の北側です。

15時から市内メインストリートをパレード・デモの予定。

参加のご希望の方は、0884−77−0888 百万人署名運動徳島県連絡会事務局までご連絡ください。
ご都合に合わせて、便利な交通手段(バス、電車、自家用車など)後案内いたしますが、
8月6日の朝7時または8時に出発、日帰りで帰れます。




 ●ピース・トーク・マラソン 2003-2007in徳島----------

平和と国際協力の列島シンポジウム
ピース・トーク・マラソン 2003-2007in徳島
〜1人ひとりにできること。1人のためにできること。〜
2004年8月13日(金)徳島プリンスホテル(入場無料)
開場12:30 開演13:00 終演16:15
http://www.jica.go.jp/peace/about/index.html



たった一本の注射が受けられないために、失われていくたくさんの命があります。
たった1秒の間に、サッカー場一つ分の緑が今も失われ続けています。
たった1度も学校に通ったことがない子どもたちがいます。
けれども、平和で豊かな日本で暮らしている私たちは、
この地球の上で起きているさまざまなことを、ふだんあまり考えずにすごしてしまっています。
そんな私たちだからこそ考えること、行動することが大切なのではないでしょうか。
かけがいのない1人ひとりの命のために、そして笑顔のために、私たち1人ひとりができることを。

出演者
庄野真代(歌手)
田中章義(歌人、国連親善大使)


主催 JICA、徳島新聞、全国地方新聞社連合会

プログラム12:30開場
13:00 開演
ピーストーク「わたし流の国際協力」:
庄野真代氏(歌手)
田中章義氏(歌人)、
岡本和夫氏(四国放送アナウンサー)
ビデオメッセージ
沼田早苗、岸本加世子、伊達公子、松岡修造、島田紳助、小山内美江子(敬称略)

パネルディスカッション「1人ひとりにできること。1人のためにできること。」
パネリスト:
松下照美氏(モヨ・チルドレンセンター代表)
内原大氏(徳島県協力隊を育てる会事務局長)
巨永正廣氏(那賀川町長)4.庄野 真代氏(歌手)
 コーディネーター:堺隆弘(徳島新聞社論説委員)

16:20終演(予定)

入場券が必要です。
お申し込み先 徳島新聞広告局企画部「ピーストークマラソン」係
kikakubu@topics.or.jp
fax 088-626-1884
ハガキ 770−8572(住所不要)
のいずれかで下記の項目をお知らせ下さい。

氏名(必須)
性別(必須)
住所(入場券送り先)
年齢(だいたいでかまいません) を書いて申し込んで下さい。


●10代の若者によるPEACE FESTA 8・6 〜LOVE&PEACE&EARTH〜 
賛助広告主を募集しています!
賛助金2000円で2000枚のパンフレットにあなたの広告が掲載されます。
あすなろ農園も出してみました!
若者のPEACE Actionを支援しませんか 
お問い合わせ TEL050-3450-1779 事務局まで
また、県内の高校生がデザインしました可愛いpeaceロゴ入りのTシャツ
一枚1000円で販売しています。
詳しくは
http://www6.ocn.ne.jp/~tokutu/peacefesta.htm


※徳島県内、および近隣での平和についての行動、イベントが有れば、
3_20act_tokushima@for-worldpeace.jp
へ情報をどしどしお寄せください。



Topへ